人気の風俗へ行ってきた

上司に怒られたらデリヘルしかない

上司と上手くいっていないというか、多分人間的に合わないんでしょうね。自分は別にそこまでじゃないんです。ただ、とにかく理不尽に怒られるんですよ。こちらのミスで怒られるなら仕方ないと思いますけど、もはや怒られるというよりも難癖レベル。つまりはきっと、好かれていないんでしょうね。スケープゴートにされているってだけの話なので相当ストレスは溜まります。
だから上司に怒られた時にはデリヘルを呼んで発散する。長崎だと風俗といったらデリヘルが主流なんですよね。そして、プレイだけでなくデリヘル嬢とどうやって上司にガツンを言うのかを話すのはも楽しいんですよ(笑)むしろ気持ち良さよりも、一緒になって上司の悪口を言うのが楽しいかもしれません。デリヘル嬢もお店に対して何かしら思っている部分がある子が多いので、お互いが自分の組織や上に向かってあれこれ言う。それだけでもストレス解消になるものなんですよね。
むしろそれが大きな魅力というか、それによってデリヘル嬢と気持ちを共有することによって、満足感も高まっていくんじゃないのかなって。

長崎のデリヘルが好きになってきたのは実は…

こんなに長崎でデリヘルにハマることになるとは自分でも想像していなかったんですけど、でもそれは自分ではとあるきっかけがあるんです。以前長崎のデリヘルから来てもらったEちゃんのおかげなんです。
彼女と出会うまでは、デリヘルはいわば息抜きだったんです。疲れている時に女の子と遊んでリフレッシュして、また明日からも頑張ろう…みたいな気持ちになるスイッチだって思っていたんですよね。でも彼女と会ってからは、別に息抜きとか大義名分を作らなくても、彼女に会いたいから呼ぶ。それだけで十分なんじゃないかなって思ったんですよ。
それ以来、長崎のデリヘルを利用することに対して純粋に向き合えるようになったんじゃないかなとも思うんですよね。肩ひじ張っていないで、会いたいって思った女の子に会う。これはまさに男の本能そのものと言っても良いじゃないですか(笑)そんな気持ちに気付かせてくれたので、彼女と会って以来、デリヘルへの考え方が変わりました。だから彼女こそ、自分のターニングポイントです。

彼女と出会ったのは、このサイトで長崎のデリヘルを探していたときのことでした