人気の風俗へ行ってきた

巨乳といえば…という話でしょう

巨乳といえばやっぱりパイズリです。これは風俗では当たり前だと思うんです。だからこそ、風俗出は巨乳を指名することも多いです。普段楽しめないことじゃないですか。一応恋人はいるんですけど微乳なんです。だから余計憧れがあるんですよね。恋人が巨乳で、さらにはフェラもしっかりとしてくれるタイプであればきっと風俗で遊ぶようなこともないのかなって思うんですけど、微乳でさらにはフェラまで嫌いなんです。さすがにそれが原因で分かれようとは思いませんけど、やっぱり不満なんですよ。そうすると、じゃあ自分の欲望はどこで楽しむのかって言ったら風俗ですよね(笑)風俗であれば自分のしてもらいたいことを我慢する必要もないじゃないですか。ちゃんとリクエストすればその通りに楽しませてもらえるんです。それだけでも最高だと思うので、風俗で楽しむ時には自分なりにやっぱり楽しいなって思えるような巨乳嬢からのパイズリとフェラを満喫するんですよ。

徐々に。それが好きなんです

一番好きなのはシチュエーション、それは汗ばんでいる風俗嬢なんです。でも、序盤から汗ばんでいる訳がありません。汗ばんでいる姿が色っぽいというよりも、なんで汗ばむのかって言ったらそれだけ頑張ってくれているからこそじゃないですか。自分のためにそれだけ頑張ってくれているって思ったら、こっちだって嬉しい気持ちになりますよね(笑)そこでさらに気分が盛り上がっていくんじゃないかなって思うんですよ(笑)普通にプレイをしているだけよりも、相手が汗ばんでくるということは、それだけ相手が一生懸命なんです。そうじゃなければ汗なんてかかないものですしね。つまり、汗ばんでいる風俗嬢を見るってことは、自分の気持ちを満たしてくれるんですよ。これだけ綺麗な風俗嬢が自分のためにこんなにも頑張ってくれている…。そう思うだけでこっちの興奮も勝手に高まっていくんです。それがあるので、汗ばんでくれる風俗嬢こそ最高の存在だなって思えます。